銀行カードローンなら年収の3分の1以上の金額が借りられる理由を教えます!

最近、消費者金融では審査に落ちたのに、銀行カードローンなら審査に通ってお金を借りることができたという人が増えています。

中には、銀行の方が消費者金融より借りやすいと言う人もいるくらいです。

元来、「銀行は審査が厳しく、消費者金融の方が審査が柔軟」と考えられていましたが、このような逆転現象がなぜ起こっているのでしょうか?

それは、銀行が消費者金融のような貸金業者ではないからです。

2010年に貸金業法が改正され、貸金業者への融資規制が入りました。

総量規制というルールが導入され、貸金業者(消費者金融)が貸すことができる最大額は、借り手の年収の3分の1までとなったのです。

しかし、銀行は貸金業者ではないので、総量規制というルールは対象外になります。

たとえば、年収600万円の人が消費者金融でお金を借りようと思ったら、限度額は年収の3分の1の200万円までとなります。

年収600万円の人は消費者金融では200万円までしか借りられないのです。

しかし、銀行カードローンなら200万円以上も借りることができてしまうのです。

これが消費者金融で借りられない人が銀行カードローンで借りられる理由です!

なので、もし消費者金融の審査に落ちてしまって生活費に困っているなら、銀行カードローンに申し込みしてみると借りられるかもしれません。

来店不要のネットバンクのカードローンがオススメな理由

地方銀行とネットバンクがオススメです!

銀行カードローンと言っても様々な種類があります。

メガバンクは個人向け融資というよりも、今は海外進出に目が向いています。

一方、メガバンクのように海外進出できない地方銀行は、個人向け融資に目が向いています。

たとえば、スルガ銀行は個人向け融資に非常に力を入れています。

また、ネットバンクも個人向け融資に力を入れているので、消費者金融の審査に落ちた人にオススメです。

ネットバンクはネットでのやり取りがシステム化されているので、審査もスピーディーというメリットがあります。

どうせなら、ウェブから申込してから早く現金を手にできた方がいいですよね!

では、オススメの来店不要なカードローンを紹介します。

低金利が売りの銀行カードローン
会社名 実質年率/
最高融資額
特徴
ジャパンネット銀行 »
2.5%〜18.0%

1000万円
300万円まで収入証明書が原則不要。
ジャパンネット銀行の口座をお持ちなら融資最短60分。
初めての人は30日間無利息。
金利は融資額に応じて変動するので、借りる金額が多ければ多いほど低金利に。
イオン銀行 »
3.8%〜13.8%

800万円
300万円までなら運転免許証や保険証といった本人確認書類のみで申込可能。
金利は融資額に応じて変動するので、借りる金額が多ければ多いほど低金利に。
専業主婦でも旦那に収入があれば申込可能。
イオン銀行のネットフリーローン
4.8%〜13.5%

700万円
来店不要。
300万円まで年収確認書類が原則不要。
使いみち自由。資金使途を問わず、まとまった金額の融資が可能。
前年度収入が200万円以上ある人向け。

借り過ぎには注意しましょう!

借りる前に利息の計算方法を把握しておきましょう!

銀行カードローンなら借りられるからと言って、自分の返済能力を超えた額まで借り入れしてしまうのだけは注意しましょう。

実際、銀行カードローンで300〜400万円くらい借りてしまって、返済できなくなっている人も増えています。

消費者金融でも銀行カードローンでも、お金を借りたら、元本だけでなく、利息も付け加えて支払う必要があります。

「そんなこと当たり前で誰でも知っている」と思われるかもしれませんが、借り入れ額が増えるほど、利息の額も増えていきます。

借りる額が増えるほど、利息負担も増えていくということです。

そこで、お金を借りる前に利息の計算方法を把握しておくことが大切です。

利息は以下のように計算します。

利息 = 借りた金額 × 金利 ÷ 365日 × 借りた日数

たとえば、10万円を金利15%で借りて30日後に返済した場合なら・・・

100000 × 0.15 ÷ 365 × 30 = 1232.87...

となり、小数点以下は切り捨てになるので、利息額は1232円ということになります。

借りる額が増えるほど、利息の額も増えるというこは、以下の利息シミュレーションを見てもらえればより深く理解できると思います。

利息シミュレーション
利用金額 金利 借りた日数 利息額
5万円 15.0% 30日 616円
10万円 1232円
15万円 1849円
30万円 3698円
50万円 6164円
100万円 12328円

銀行がカードローンで強気の融資ができる理由

銀行カードローンが強気に融資できる理由

なぜ、消費者金融が貸さない人に銀行は融資するのでしょうか?

もっと言うと、消費者金融の審査に落ちるような属性が悪い人に、銀行カードローンはなぜ融資できるのでしょうか?

それは、銀行には貸し倒れのリスクがないからです。

というのも、銀行カードローンの保証会社は消費者金融がやっているからです。

保証会社とは貸し倒れ(ちゃんと返済してもらえず損失が出てしまう)があった時に、その債務を受け持つ会社のことです。

つまり、銀行カードローンの場合、借り手が返済できずに貸し倒れになったとしても、保証会社となっている消費者金融に損失を肩代わりしてもらえるので、他社の審査に落ちた人にも強気で融資ができてしまうのです。

損失のリスクがないために、強気で貸し出せてしまうのです。

これは、消費者金融で借りられない人が銀行カードローンで借りられるあまり知られていない背景でもあります。

三菱東京UFJ銀行の保証会社はアコムがやっていますし、三井住友銀行の保証会社はプロミスを運営するSMBCコンシュマーファイナンスがやっています。

みずほ銀行はオリコ、りそな銀行はオリックス・クレジットが保証会社になっています。

銀行は損はしないけど、住宅ローンよりも利ざやが大きい個人向けカードローンに力を入れるのは当たり前といえば当たり前なのです。

モビット
PC・スマートフォンからWEB完結申込なら
電話連絡と郵便物がないから安心 »