1万円を今日中に借りる方法を教えます!

今日中にどうしても1万円だけでいいから借りたい。。一万円だけ足りない。。

こんな時って人生において、たま〜にありますよね。

あと1万円だけなのに・・・って時が。。

で、1万円だけなら身近な人に借りればいいかと思っていたけど、そんな時に限って、誰も貸してくれなかったり・・・。

こうなると、即日で現金を得るには、カードローンで借りるか、ブックオフに本を売りに行くしかありません。

ただ、ブックオフで本を売って1万円をもらうには、かなりの量の本や漫画が必要になります。へたしたら、ダンボール10箱とかそういうレベルだと思います。

そうなると、残りはカードローンでお金を借りるしか選択肢がなくなりますが、カードローンで今日中に借りるには、通常は14時までに契約を済まさないといけません。

なぜなら、銀行振込は15時前なら本日扱い、15時以降なら翌営業日扱いになるからです。

15時までに振込作業を済ますには、14時までに申込〜審査〜契約という一連の作業を済ませておかないとならないのです。

そのためには、平日のお昼くらいまでにはウェブから申し込んでおきたいとところです。

でも、すでにお昼の12時を回っていたら?平日ではなく、銀行が休みの土日祝日だったら?

実は、こういったケースでもカードローンで今日中に1万円を借りる方法はあります。

あまり知られていない方法なので、ぜひこれから説明する方法で試してみて下さい!

15時以降でも土日祝日でも今日中にカードローンでお金を借りる方法

平日でも土日祝日でも今日中に借りれる!

これから説明する方法なら、平日15時以降でも土日祝日でも、夜の21〜22時くらいまでだったら、カードローンで今日中にお金を借りられる可能性が高いです。

今のカードローン会社はどこも1万円から借りられるので、一万円という少額でも問題ありません。

まず、ウェブから申込します。審査は申込順に行なわれるので、申込時間が早いほど、審査結果も早く出るので、今すぐ申込することをオススメします。

そして、審査完了の連絡が来たら、銀行振込による融資ではなく、最寄りの自動契約機に行き、そこでカードを受け取ります。

審査は完了しているので、すぐにカードを渡してもらえます。

プロミスなら、三井住友銀行のローン契約機でもカードを受け取れるので、まるで銀行でお金を借りるかのようにカードローンでお金を借りられます。

そして、受け取ったカードを自動契約機に入れて、その場でお金を借ります。

銀行ATMで預金を引き出すのように、自動契約機からお金を借りられるのです!

この方法なら、平日だろうと土日だろうと、15時前か後といった時間帯に関係なく今日中に融資してもらえます。

借りられる限度額は人によって違いますが、審査通過時に教えてもらえます。

よりスムーズに契約を済ますためにも、申込時に備考欄にでも、「銀行振込による融資ではなく、自動契約機でカードを受け取ります」と書き込んでおくといいでしょう。

では、この方法が使えるカードローン会社を紹介します!

今日中に借りたいなら
会社名 実質年率/
最大融資額
特徴
プロミス »
4.5%〜17.8%

500万円
三井住友フィナンシャルグループ

最短1時間融資。
三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っている場合は「(24時間)最短10秒でお振込可能」。
Web完結なら即日融資も可能、家族にバレずに借りられる。
はじめてなら30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも審査のうえ契約可能。
プロミス レディース »

<女性専用>
アコム »
4.7%〜18.0%

500万円
三菱UFJファイナンシャル・グループ

初めての方なら30日間無利息
最短30分で審査回答。即日融資も可能。

主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でもでも安定した収入があれば申込可能。
モビット »
3.0%〜18.0%

800万円
三井住友銀行グループ

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの方なら電話連絡・郵送物がないWeb完結申込がオススメ。

アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方でも安定した定期収入があれば利用可能。

カードローンで一万円借りた時の利息はたったの147円!

事前に利息をシミュレーション!

カードローンでお金を借りる場合は、利息の計算方法についても熟知しておくべきです。

利息の計算は以下のように行います。

たとえば、1万円を金利18%で借りて、30日後に返済した場合の利息は・・・

となり、利息は147円となります。

利用金額が1万円と少額なので、利息も非常に少ないですね。

ただ、一括返済だけでなく、分割返済できるところがカードローンのいいところです。

そこで、1万円を1〜12回払いにした場合の「月々の返済額」「利息総額」「返済総額」を比較してみたいと思います。

当然ですが、短い期間で返済すればするほど、利息額も少なくなります。

1万円の分割返済シミュレーション
利用金額 金利 返済期間 月々の返済額 利息総額 返済総額
1万円 18.0% 1ヶ月 10,147円 147円 10,147円
2ヶ月 5,112円 225円 10,225円
3ヶ月 3,433円 300円 10,300円
4ヶ月 2,594円 377円 10,377円
5ヶ月 2,090円 452円 10,452円
6ヶ月(半年) 1,755円 528円 10,528円
7ヶ月 1,515円 606円 10,606円
8ヶ月 1,335円 684円 10,684円
9ヶ月 1,196円 762円 10,762円
10ヶ月 1,084円 837円 10,837円
11ヶ月 992円 918円 10,918円
12ヶ月(1年) 916円 995円 10,995円

一万円を借りて、12回の分割返済にする人は少数派かもしれませんが、12回分割なら月々の返済額はたったの916円です。

3回分割でも月々3,433円の返済でOKなので、これなら毎月ギリギリのところで生活している人でも返済できるのではないでしょうか?

一万円足りない時ってどんな時?

ヤダ、今月お金が足りない・・・

生活の中で1万円だけ足りないから借りたいと思う時ってどんな時でしょうか?

よくあるのが、クレジットカードの返済ですね。季節の変わり目にカードで洋服を買いすぎたとか。

あとは、家賃でしょうか?家賃の引き落とし額が銀行口座で足りないとか。

その他、急な出費もありますよね。急に風邪を引いたり、怪我をしたり、歯が傷んだりなどの医療費が代表的です。

また、友達の結婚式の二次会、飲み会、合コン、街コンなどに参加するにも1万円くらい必要になります。

習い事やスクールに通うのも、初期費用として1万円くらい必要なことが多いです。

このように、生活をしていると、今日中にどうしても1万円だけでいいから借りたいという時は頻繁に出てくるんですよね。

そんな時は、このページで説明した方法でカードローンを利用すれば、かなりの確率で足りない分だけ借りることができます。

ぜひ、諦めないでトライしてみて下さいね!

そもそも、1万円を自由に毎日使えたら、かなり充実した日々を過ごせますからね。